ルーヴル美術館の並び、チュイルリ公園沿いにあるアールデコラティフ美術館。
街並として、あまりにも綺麗に繋がってるので見落としてしまいそうな外見です。
先日のブログで猿が窓から乗り出していた写真を載せましたがその建物です。
そこで今ワクワクたのしい展覧会をしています。
ジャン ポール グウドさんです。まだ生きているのに彼の作品の回顧展です。
といっても、フー?でしょうが、昔、グレイス ジョーンズの動物のような写真を撮った人ですよ。
コマーシャルでもバンバン使われましたよね。彼のユーモアのセンス、美意識は大好き!最高!大先生!

これですこれです。
 

 

 

 

 

 

コダックのこの、台所の流しが詰ったときにガッチョン,バッコンするヤツみたいなのを頭に被った子供達がなんとも楽しい映像でした。
 

 

 

 

このように、誰でもあーあれ。と頷く作品を創った人です。

元々はイラストレーターからキャリアを積んだそうです。今では映像手品師といわれています。
地下鉄でも見かける、ギャラリーラファイエットデパートのモデルの足が100倍ぐらい長くなっている格好いい広告も彼の作品です。
なんでもびよーんと伸ばして、やっとイカシテルね!て事になるってことは、現実の私達人間って誠に無様なんだわと分かります。

日曜日の朝歩いていたら、遠目からも興味深い格好の人が歩いていたんです。
あれは何?と思って、誰か待ってる振りをしてその人を待ってみました。
足を引きずるズルズルした大きな靴の音を立てて近づいて来ます。
フランスの子供がイヤというほど注意されることの1つは、足を引きずるんじゃありません。
カツカツでなく、引きずっている靴の音がしたら、体か精神を痛めている人か東洋人です。
やはりヴェトナム人らしきおじいちゃん、黒いズボンを白い靴下に入れて、黒い膝下までのコートを着ていたんです。
それで、遠目からはなんだか宗教家みたいないでたちに見えたんです。
規則正しく、ズラズラ音を立てながら、目的地に向かっているような歩きぶりです。
しかし後ろをつけて歩いていて思ったんですが、きっとこの人徘徊しているんだわ。家族の方はさぞかし心配しているだろうに。
おじいちゃんに付いていく時間が切れてしまいましたが、私の心配は続いていました。

翌日、家でボーとしていた時、テレヴィにジャン ポール グウドが正しくあの徘徊おじいちゃんの格好して出ているのを見て飛び起きました。
よく足元の様子が見えなかったのが心残りなのですが全体のファッション性は同じです。
おじいちゃんが芸術家だったのか、ジャン ポール グウドがボケてきたんか?

GOUDEMALION
LES ARTS DECORATIFE-NEF
109 RUE DE RIVOLI
75001 PARIS

3月18日までやっています。