ドイツできゅうりにより殺された人が15人になりました。

あたしゃ死ぬのはちっとも怖くありませんが、きゅうりにだけは殺されたくありません。
日本では豆腐に殺される人もいるようですが。

昨日は10人の死者、今朝は14人の死者、そしてお昼には15人の死者です。凶悪なきゅうりです。
スエーデン、デンマーク、エゲレス、オランダなどにも被害者がいますが、皆ドイツへ行ったそうです。
季節柄皆動きます。
ヨーロッパは暢気にドライヴしているといつの間にか他所の国。ってことになりますので、ドイツでの問題は簡単に国境を超えて広まります。

原因はスペインから来たきゅうりにO-104が潜んでいたんです。
ですからドイツとしては、スペインの生産者の所為にします。
スペインの生産者は、そげなもん輸送途中で菌がくっ付いたかもしれんし、ドイツに着いてからくっ付いた可能性だって大いにあるぜ!
現にハンブルグの市場の八百屋から、きゅうりを地面に落っことしちゃったと連絡が入ったそうです。
スペイン生産者は、我々のきゅうりをそんないい加減に扱ってんじゃ、商品の責任は取れないぜ!と反論しています。

????何故ハンブルグの八百屋はきゅうりを地面に落としたと生産者に報告したんでしょうか?
私にとってこの事件で一番の謎はココです。生産者にどうして欲しかったのか?

私の家の並びに日夜大入り満員の海産物レストランがあるんです。
朝、用意している頃よく通るんですが、貝やら蟹やらよーく落っことしています。
グエーと思うのは、チビ海老。口に直接入れるのに、がさーとバケツごと落っことしても、ためらいなく拾って元に戻してます。
お客さんは幸せそうにそれを食べます。

フランスにも野菜、果物はかなりスペイン産が入っています。
きゅうりだけでなく、トマト、レタスも怪しいそうです。

フランス政府は、先ず、手を洗いましょう!(良く洗いましょうでなく、洗いましょう)
野菜も洗いましょう!(これも良く洗いましょうでなく、洗いましょう)。
皮を剥きましょう!(レタスは?)
火を通して食べましょう!(きゅうりやレタスは?)
と国民に注意を施しました。

それにしても、肉や魚のようにな菌と共存している様な食べ物でなく、きゅうりのように清く正しい感じの食べ物にも0-104みたいな菌が付くんですね。
清潔病のドイツ人には許しがたい事態でしょうに。