G8がフランスのドーヴィルで5月26、27日に行われました。

テーマは当然原発の安全性についてですので、当時者の日本の首相管さんの名前がニュースで流れるわけです。
初めて聞いたとき、ナホトカ?どこに繋がるんだ??と鳩が豆鉄砲面になったんですが、あーナオト カンね。
苗字+名前の日本式でなく、名前+苗字の洋式に呼ぶと、ナオト カン。
これを聞く度に、ツナ缶とか桃缶とかがぽっかり頭に浮かんでしまいます。
缶詰みたいな日本の首相の名前は面白いです。

このドーヴィルのあるノルマンディー地方は、パリの人たちの別荘地として人気ナンバーワンの地方です。
パリから電車や車で2時間位。週末に出かけるのにピッタリの立地条件です。
なのでえっらく渋滞します。

ドーヴィルで有名なのは、シャバダバダですけどピンと来る方いますか?
映画『男と女』です。あの頃のフランス映画は美しかった!
それにココ シャネルが第2号店を出した町です。

隣にあるオンフルールという町も良い所です。
ひょうきんな曲の作曲家のサティーが生まれた町なのでサティー博物館があります。
印象派のブーダン美術館もあります。

世界遺産のモンサン ミッシェルもノルマンディー地方です。
史上最上の上陸作戦で何度も映画の題材になっている、第2次世界大戦の『ノルマンディー上陸作戦』の、と聞けば誰もが、あーあのノルマンディーね。と納得されることでしょう。

ドーヴィルはスノッブな避暑地です。今の季節は観光客がたっぷりいます。
このG8の2日間町は住人以外立ち入り禁止になり、ポリスの数の方が多いぐらいでした。
それなのに、サルコジや外国の大統領などの通り道に旗持って、歓迎、声援、をしている群集が居るんです。
暇でしつこい性格の人が、こりゃおかしい、群集は年寄りばかりで、それも皆正装してるわい。とサクラ説を言い立てました。

2日間立ち入り禁止のお蔭で、お店の売り上げは半分になったそうです。
ところでお供のご婦人方ですが、サルコジ婦人は妊娠正式発表をし、エゲレスの茄子顔のキャメロン婦人は来もしない、オバマ婦人も同様、すぐそこまで来てたのに欠席。

いつもこのような時にあたしが気になって探すのが、アンゲラ メルケルの旦那。
やはり彼はこのような場には絶対来ないそうです。
ナオト缶の奥様はいらしたのでしょうか?

結構それぞれ勝手にしていいんですね。

ビスケットで出来ている家みたいです。ノルマンディーの建築様式