今そんな訳で東京スタッフにずっーと見張られている為一日中口が動いているんです。

すると全く、『書く』という能力が機能しなくなるもんなんですね。

ビックリするほど口と手って繋がっているんですね。

フランス人の大半は喋っていると、手は全く動かなくなります。ですから話しかけるタイミングをちゃんと計らなければなりません。

天ぷら揚げているフランス人には話しかけない方がいいでしょう。

今の季節はアイスクリーム屋の姉さんにも注文以外の無駄話はしないほうがいいです。明日はパリでも35度まで気温が上るなんていってますので、下手したら手渡されたアイスクリームはタレタレになってしまいます。

日本人の私の場合は、話しながらでも本読みながらでも天ぷらは揚げられるのですが、喋り捲っていると書く方の養分が無くなってしまうようなんです。話したらすっきりしてもう書く方が空っぽになってしまうようです。

なので真面目にブログを書いている間は、すっかり無口になります。話す方の養分が空っぽになっているんでしょうね。

ですので今のパリの楽しいお話は東京スタッフから書いてもらうことにします。

ちょっと見、面白そうな、ごちゃごちゃした駄菓子やみたいな、めちゃくちゃなお店です。
このお店の前を通るたんびに、あたしの頭の中はこん感じかしらと思い悩みます。