-La Cinémathèque Française-

1946年から始まったカンヌ映画祭が今年も第64回目として11日に幕を開けました。

カンヌとは誰もが知ってて、なんだか人をウットリさせる力がある名前ですが、今はチャキチャキのパリジャンのカンヌ出身で今でも家族はカンヌに住んでいる友達は、『あんなイワシの缶詰みたいな所』と口を思いっきりへちゃむくらせて故郷のことを思い出していました。
いやいやクリスマスの時だけ家族の為に仕方なく帰るだけだそうです。

確かに住み良くはなさそうだわね。
ニースに住んでいる友達は、観光シーズンになるたんびに物価が上がってどーしょーも無いとぼやいてます。

しかし観光客としては、魅力的なところです。
ああいった南仏のリゾート地での過ごし方は、なるべくゆっくり、のんびり行動すること。
早足でショッピングしたり、増してや走り回ったりなんてしては格好良くありません。
時間もお金も一杯持ってる様子でいましょう。

それで、映画際なんですが、オープニングはあたしの大好きなウッディー アレンの『ミッドナイト イン パリ』23時から上演というオサレっぷり。
この映画にフランス大統領の3回目の奥さん、元スーパーモデルのカーラ ブルーニーが美術館のガイド役で出演しています。
撮影当時に、彼女のシーンは100万回位やり直ししたと聞きましたが、カンヌでのインタヴューでは、『彼女は本当にすんばらしかった!』とシラーとウッディーアレンは答えてました。
ウッディーアレンも自国アメリカではとんと受けないようで、北野武と似ているスタンスです。
北野武フランスで受けてます。

今何かイヴェントをすると大体、日本頑張れ!をしてくれます。
カンヌ映画祭でも募金箱やポスターを用意しました。
そのポスターの、日の丸デザインの赤い丸が涙を一粒流しているんです。
あたしはなんかイヤだなと感じました。

このブログにも書いてくれていて、仙台への募金活動を頑張っているプロヴァンスのジュンコちゃんと先日話をしていて、あんまりにも明るく元気で丈夫そうな人(彼女は正しくそれ)は募金活動に向かないそうです。
なるべく痩せていて、なるべく色白で、おーおー可哀想にという感情をたき付ける、なかなさを持ってる人だとトントンと事は運ぶそうです。
そういうことなのかな?とこの一粒の涙を見て思いました。

おっと話は映画でした。
フランスに来たきっかけは映画の勉強!と言う人はまだ結構居るようです。
映画博物館、フイルム図書館などパリ市内に映画関係の施設が充実しているのを見れば、まだまだフランスでは映画は大切な文化なんだと言うことなんでしょうか。

パリ12区のベルシー公園内にある《シネマテック フランセ》。
エクスポジション、フイルム図書館、講演会など映画のことなら何でもしますという所。
見たい昔の映画もその場で見られる。