ウィリーとケイトの結婚式も無事終わり、ほっとして(何故あたしがほっとするのか?)夜ゆったりとテレヴィを見ていましたら、やっぱりやっていました、結婚式の批判大会。

金曜日はエゲレスは祝日でしたから、皆朝から現場に行ったり、家でテレヴィ見ていられましたが、他の国では平日なので、実況中継を見られたのはあたしぐらいなもんで、普通の働く人たちの為に夜の番組は結婚式の話題が山盛りでした。
一番おかしかったこの批判大会では、招待客の悪口は言いたい放題。
『アー醜すぎる、見ちゃられない』『何この帽子、皆の迷惑だわ』『このメレンゲみたいな服なんとかならんのか』

イギリスの首相の奥さんはメタクソ言われてました。
『ヒエーどこのロバが帽子被らんで来たかと思いきや、首相の奥さんでないの。髪をセットもしないで、その辺に買い物行くような格好で、旦那はエレガントなのに』でも確かに、帽子被ってないのは他に誰もいなかったと思うし、妙な緑色の地味なワンピース着て、茄子に似たブスでした。
男の人は決まった服着ればいいけれど、女の人はそうはいかないからセンスがばれます。

この批判大会、ゲストの皆が一斉に喋り捲るから、うるさい上に何言ってるかさっぱり分からない、それで、自分の主張が聞こえてないと思って、皆2度づつ叫ぶからもう、わんわん木霊しているみたい、司会者も負けずに3回づつ叫びます。

そんな人達にもカトリーヌさんは好評でした。
そして大いに話題になった妹のフィリッパさんも褒められていました。
2人とも特に美人さんでもなく、どっこにでもいるお嬢さんなのに、世界的に受けた秘訣はあの笑顔だと思います。
2人ともとても良い笑顔をしていましたもの。
この番組を見て、まあフランス人と悪口ってよく似合うわと再確認しました。

長者番組で《レ ギニョール ドゥ ランフォ》という人形劇で社会風刺をする番組があります。
この番組を収録している所を見たことがあるんでが、人形が大きくて、ごろんとその辺に転がってるのを見てギョッとしました。
テレヴィの司会者や政治家など有名人そっくりの人形が世界中の出来事を批判します。

その番組で、日本の事をしました。
日本の国旗に核のマークを付けたり、広島と仙台の写真を見せて60年間復興の努力をしていないとか。。
人からその事を聞いて、ムッときた日本領事はさっそく抗議のお手紙を書きました。
答えは《うちの番組は報道番組ではなく、風刺番組ですので、あしからず》と謝る気はさらさらなし。

エゲレスのヘラルドトリビューンも、日本食は危険と言ったニュアンスの報道をして、頭にきた日本領事がお手紙書いたら、おっと失礼した。と謝ったそうです。
アメリカの何とかビジネス誌も、ひび割れた日の丸のデザインを載せて、これまた日本領事に怒られたそうです。
やっぱりフランス人って謝らないんだなという再確認と、領事の仕事って悪口言われたらお手紙書くという仕事もあるのかと発見しました。