私のナタリー ポットマン(ポートマンでなくポットマンの方が音が好きだからこれで行きます)現象は日増しに薄らいできました。
今は全体は泣いた子のように、寂しげなピンクで、赤い縦ラインか黒目に沿って鮮やかに通っています。
目ん玉をひっくり返して見てみると、大きな赤い血溜りが散らばっています。
相変らず痛くも痒くも無いので、習慣でコンタクトを入れようとするんですが、目の表面がでこぼこしているのか、コンタクトが吸い付いてくれません。
こんな日々の中ついつい白目のことを考えてしまい、おっとろしい出来事を思い出してしまいました。

ナイロビでエレヴェーターに乗ったんです。
普通エレヴェーターに乗ろうとする時、ドアが開いたら、乗っている人が居るだろうかとか降りる人は居るだろうかと必ず中を見ますよね。
私など、乗り合わせた人にチトにっこりしてみたり、人と場合によっては、ハーイ、とかボンジュールなんて律儀な態度を示します。
そのナイロビのエレヴェーターは誰も乗っていませんでした。
チーンと次の階で止ると、なんと後ろの壁から人が出てきて、ソーリーなんて愛想良く、ドッキンと大きな音をたてて心臓を止らせたあたしの横を通って、降りていきました。

ハッ?????コネクティングルームがあるわけじゃあるまいに、3方の壁を叩いてみましたが、はーい。なんて裏から返事する人がいるわけでもあるまいに。
壁人間の事で頭をパンパンにして数日過ごしていましたところ、おや、これか!と壁人間のカラクリが分かった様な人が目の前に現れました。
その人は白目も肌と同じキャフェオレ色だったんです。着ている開襟シャツもキャフェオレ色。
人といる訳じゃないので、歯をむき出して笑うわけでもなく、ただただ全てキャフェオレ一色。

エレベーターに乗ってた人もこの目だったんだわ。そうそうエレヴェーターの壁も茶色だったわ。
壁に溶けちゃったんだわ、カメレオンの様に。と合点してすっきりしました。

白い服が似合う人は白目が真っ白だと思います。
フランスでは、白目を白くする目薬があります。ってことは、白目はあくまでも白い方が美しいと言うことでしょうか。
確かにあたしのナタリー ポットマンは変です。危険的不気味さです。
歯を白くするのは皆熱心ですが、白目のことはあまり気にして無いみたいだな。

アメリカ人は、一番大きいとか一番高いとかの一番という等級が一番好きなので、歯の漂白のメモリーも《一番白い》を選ぶ人がいる様で、その人達が笑うと、まるで新品のまあじゃん牌がずらりと並んでいるようで、これも滑稽的不気味だと思います。
歯の白さは白目より白くすると不自然になるそうです。
歯を白くするなら、目も白くしましょうって事ですね。

歯を手軽に白くするのに《スワック》という木の枝がとてもいいです。
慣れないと扱いにくいと思う様ですが、このよさを知ったら手ばなせません。
アラブのおいちゃん達のポッケには必ず1本入っています。皆綺麗な歯をしています。
《スワック》についてのご質問がありましたら、どうぞ御遠慮なくお問い合わせください。