今、パリはイースターのヴァカンスに入りましたが、このヴァカンス前に、学校では子供達が進級できるかの会議が、先生、代表の子供、代表の親たちで話し合って決まります。
進級お墨付き。条件付で進級。ほとんど望み無し。てな具合にカテゴライズされます。
そして容赦なく落第させられます。
そして、あんまりにも成績が良くなかったり、授業態度が悪いと、何故?と言い訳を探します。
誰からも文句のつけようが無いように数字で示されるIQを調べるのです。

それによると、秀才って一杯居ることが分かります。
凡人とされるIQは90から110で50%だけです。
1クラスに何人かは秀才がいます。
フランス人って秀才が見かけによらず多いんか、と不思議がっていたんですが、そうではなく、調べれば日本人でも同じ様なパーセンテージなんだと思います。

そのクラスの秀才達はイケイケとは行かず、大半が苦しい立場に居るようです。
授業はくだらん退屈、だから授業を乱す行動をしたり、イライラするので、乱暴になって友達とも上手く行かなかったり、苦労が絶えないようです。
或いは、秀才君達は、羨ましいことに瞬時に答えが閃くそうなんです。
小学校まではそれでクラスのトップを走り続けていけるのですが、中学になると、数学だろうが、答えの立証をしなければならないので、だってこうなんだもん。では通じなくなり、がっくりと成績が落ちることがまま有るそうです。
それで高校卒業資格試験を30から40%の秀才IQを持ってる子が失敗するそうです。

クラスで居心地悪くしている秀才君は、先ず飛び級をさせます。
或いは、出来るならばフランスにいくつか有る秀才専門学校に入れます。
ここで、みんな同じ利口なのでホットして利口ぶりを発揮できるそうです。

そんな、面白そうな子供を持った親の役目は、子供、先生、子供の友達の間の連絡を密に保つ。
スポーツや音楽などの課外活動をさせる。だそうです。
そういえば、スポーツの人は知りませんが、音楽や演劇をやってる人は秀才が多いです。
これで分かった、パーフェクトというのが無い世界に彼らは向いているんでしょうか。

それから、あまり日本人の間では聞いたこと無いのですが、《読字障害》
見た字とそれを理解する線がこんぐらかってる病気です。
これも珍しくなく、よく聞きます。
彼らも勉強がさっぱりなので、頭を調べておいでと言われて、調べてみると高いIQを持っていることが多いです。

家のアパートに常に常に、声高らかにしゃべくり通しているガキがいるんです。
親もほとほと疲れてシーッ!て連発してるのですが、そのシーッ!の方が終いにはうるさいほどになります。
あの子はかなり高いIQの持ち主だと思います。
周りの大人が上手く誘導してあげれば、国家の財産になるような人間が、その辺にうようよしているんだなきっと。