今日も夏でした。
サンダルにTシャツでOK.なのにコートを着ている疑い深い人もいて、画像だけで見たら、どげな気候よ?と思われると思います。
これも乾燥しているお蔭でなせる業です。

今日の朝は市場に行って真面目に買い物、やっとイチゴが納得できる値段になりましたので、1KG買って、よだれが出たけど、値段を見て怖気付いたアスパラは諦めました。
いよいよ野菜と果物より取り見取り食べ放題の季節になりました。
冬の間は茶色っぽい地味な野菜ばかりでつまらなかったもんで。

で、午後はこれまた真面目に、オーガニックの講習会に勇んで行ったんです。質問事項を一杯抱えて。
大きなテーブルにぐるりと皆で座りました。
私は先生の隣に座ったのがいけなかった。
実は今朝起きたら、私ナタリー ポットマンになっていたんです。

痛くも痒くもないのに、白目がこんな風に真っ赤か。そりゃ不気味なもんです。

外で人前に出てても、このお天気ですからサングラス必需品で問題はないのですが、室内でサングラスはいかにも怪しいので、大きなめがねをかけてカモフラージュしたつもりが、やはり不気味さは誤魔化せなかったようで、先生の困惑顔が気の毒で、話しかけるのを止めて、人の話をおとなしく聞いていました。
それにしても、アホな質問や下らん無駄話をよくするな皆。とため息つきながら、あまりにも気持ちのいいお天気だったので、しっかりサングラスをして、歩いて家まで帰りました。

この映画ブラックスワンは賛否両論で、すっごく好きーーい!と、けっ!にきっぱり別るようです。
私はもちろん、けっ!派。
ナタリーポットマンは1年近く1日5時間バレーの練習した。って自慢してたけど。実際は顔が映るちょっとのシーンしか踊ってないだろうに。
その場面だって腕の部分だけ見たって、なんかぶれてない?そんなちょいと頑張ったぐらいでクラッシックバレーを踊れる訳ないでしょうが、とはなっから決めていたので、思いました。
小さい時から毎日真面目にやらなければ出来ない事として、クラッシックバレーと、楽器があると思います。特に弦楽器。
大人になってしまったら、どんなに頑張っても出来るもんじゃありませんよ。
そうだ、キフキフパリの東京スタッフの土田ゆかりは《白鳥の湖》のスペシャリストなので、(踊る訳ではございません)このブラックスワンのコメントを書いてもらおう。

もう丸1日経っているのに一向に赤目は衰える様子はありません。
明日起きたら羽が生えてるんでしょうか。あー楽しみ。