ええ、またもやヴァカンスです。2週間の復活祭のお休みです。

知り合いを迎えにモンパルナス駅まで行ったんですが、午後2時頃だったのに既に、大勢の人々がゴロゴロスーツケースを引きずって出発し始めていました。
休みの始まる金曜日は皆そわそわして仕事にならないし、ありえんほど早めに帰っちゃいます。
電車は夜は料金が高くなるし、車は混むしで、一時も早く出発したい気持ちで仕事どころではありません。

先日、テレヴィで車と電車とどっちが安く上がるかの調べっこをしていましたが、どっちとも言えないという事がはっきりしました。
家族で出かけるなら普通車で行きます。

ニュースで他人事のように言っていましたが、フランス人の運転マナーは最低だそうです。
3人に2人は黄色(ここではオレンジと言う)信号は止まらない。
3人に1人は運転中、スマートフォンでメールやSMSを送ったり、読んだりしている。(電話をしてると捕まるので)
54%の人は方向指示器を出さない。
2人に1人は街中でスピードオーバーで走っている。
運転中 《とんま!》だ、《悪魔に食われろ!》だの暴言の吐き放題.等など。

それにしても、毎回毎回ヴァカンス毎によく出かけるなぁと思いますよね。
庶民の行き先は田舎の実家だとか、別荘だとか、友達の家だとかが大半ですので、そうそうお金はかかりません。
けどもいつも同じ所に行くのも詰らないし、向こうにも嫌がられるし、かと言って家族4人でホテルに泊まってレストランで食事してなんて、年に何度もできるものではないわ。というのはどこの庶民も同じ悩みの種。

そこで誕生したのが、家の取替えっこ。
ネット上のエージェントに登録して、80€位の年間費を払って、お互い条件の見合う家を交換して、タダでヴァカンスを過ごすシステム。
すっごく合理的。
フランス国内だけでなく、世界中にネットワークが張り巡らされています。
その中でもフランス人の利用者がダントツに多いそうです。

これは日本人の神経にはそぐわないシステムだろうなあ。
あたしなんて、いつヘマするんでないかハラハラしながらお風呂入ったり、お皿洗ったりするハメになりそうだわ。

モンパルナス駅構内
 

 

 

 

 

 

この駅の上にはこんな広々した公園があります。構内から直ぐ上がって行かれます。