この日本の大惨事の中、日本在住のフランス人からの情報でフランス政府の対応の早さ、システムの的確さをじっくり見せていただきました。
緊急非常事態対策がばっちり出来てるんだわ。おたおた、しどろもどろなんてしないんだわ。
すばらしいもんだと感心していたんですが、よくテレヴィを見ていれば、世界で絶えず起こっているドンパチに大体フランスっていう国は絡んでいるんですね。

チュニジアから始まって数珠繋ぎ的に起こったアフリカのクーデタ。
チュニジアはフランスの植民地だったのでフランス語は通じるし、バゲットもあるし、近いしでフランス人のヴァカンス先としても永遠に人気。
フランス人もチュニジアに住んでいるし、チュニジア人もそりゃごっそりフランスに住んでいます。
そこにクーデタが起これば、すわ、政府としては、フランス国民保護、救済に行動します。

お次のエジプトだって、アレキサンドリーは今でもフランス語を話す人は多くいます。
レバノン、は複雑でごちゃごちゃになっちゃったので、フランスの委任統治領になりました。
フランスが誰かに頼まれたって事です。お蔭様でレバノン人はフランス語べらべらです。
それにしても、フランスに居るレバノン人で貧乏人みたことないんですが、私の偏見でしょうか。皆ゴージャスです。

手こずらせ者のリビア。
元は、イタリアの手持ちの少ない植民地だったんですが、第2次世界大戦で、イタリア側は負けたので、勝利者のエゲレスとフランスに取られてしまい、エゲレス、フランスの共同統治領となりました。
乞食みたいな婆さんもきれいなフランス語でインタヴューに答えていました。

ふてぶてしいコートジボワール。
17世紀から始まったフランスの西アフリカ経営によりフランスの植民地になり、のっぽのシャルル ド ゴール元大統領が植民地放棄を始めたので、ほな、と独立。
パリで見かけるブラックにコートジボワール人は一杯います。
今ドンパチしているのは、大統領選挙で負けた人が、うんにゃ、と梃子でも動かず。勝った人がええ加減にせいと、堪忍袋を爆発させ、それぞれの部隊がぶつかっている状態です。
コートジボワールにはフランス軍が駐留しているので、フランス人も沢山住んでいます。

このように外務省は休む暇なく、世界に散らばっているフランス人の安全を確保するのに大忙しです。
なのでシステムが整っているって訳です。
このコートジボワールのどさくさでフランス人2人を含む4人が誘拐されました。
毎日のテレヴィのニュースの最後にアフガニスタンで誘拐されたジャーナリスト2人の事を、今日4月5日で462日目、私達は決してあなた達を忘れていませんよ。というメッセージを言います。
他にも世界中に拉致されている5人のフランス人がいます。
あっちにもこっちにも顔を突っ込んでいるフランスです。