この土曜日は平均気温より10度も高い、すんばらしいお天気でした。

折り良く、ヴェルサイユじっくり、とっくり、どっぷり、ゴールデンコースの一日でした。
中々行かれないマリー アントワネットの領分まで足をのばしてみましたら、あらまぁ、ケーキのモンブランで有名なアンジェリーナが小トリアノンにティーサロンを開いていました。知らんかったわ。
王妃の田舎離宮は、映画《マリー アントワネット》を思い出しました。

あー久しぶりにゆっくりヴェルサイユを楽しめたわ、と夕方家に帰る途中、心の底から、コーラが飲みたくなりました。こんな事が3年に1回位あります。
な訳で、数日前から気になって、気になって仕方のなかったコーラをスーパーに入るや、わき目もふらず一目散にむんずり掴んで買ってきました。
その名も《U. MAN COLA》フランスのブルターニュの会社が作った、3月30日から発売し始めた、初のフューマニズムコーラです。

今だに第三国では5秒に1人の子供が餓死していると言う事実に対しての支援を目的に作られたユーマンコーラです。
スカッと爽やかに飲んで、人助けが出来るんですから、グッドなことです。
ラベルがすっごく不味そうなので、息を止めて飲んだんですが、続かないので息して呑んだら驚いたことに美味しかったです。ペプシ系のお味です。

 

 

 

 

不味いと決めてかかってたので、残ったコーラの使い道まで考えていたんです。
私はテレヴィを聞きながら、本を読みながら料理をするもんで、よくおなべが焦げるんです。
この焦げがコーラで取れるそうです。
それと錆も落ちるそうです。
それから水垢も綺麗になるそうで、ガラス窓などの掃除にいいそうです。
なんだか胡散臭いので1回やってみたかったんですが、ないしろ3年に1回しかコーラは買わないので試す機会がありませんでした。
今回は結局、飲めば人助けが出来るという考えに気を良くして、全部飲んでしまい、コーラ掃除実験は又出来なくないました。

ただ今、募金、チャリーティーが目白押しです。
知り合いのアーティスト達も手に負えないほどの要請が来ているそうです。
音楽家達はコンサート。作家達はサイン入りの本を提供。画家達は作品を提供。
とても全部をお引き受けすることは出来ないよ、とため息をついています。
それはそうですよね。

ヴェルサイユ宮殿のあちらこちらに、日本の皆さんへのお見舞いのポスターが張ってありました。
また、ごっそり日本人がヴェルサイユ宮殿に押しかける日が早く来ますように!