一日中3間日位パリ中歩き回っても、気が付かないと思いますが、いたる所にパリ印が付いているんです。ほれこんな。

道に立ってる広告塔に付いてるパリ印。

 

 

 

 

 

パーキングメータの汚いパリ印。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の門の上に付いてる由緒正しきパリ印。

 

 

 

 

 

この紋章は1358年シャルル5世の時代からありました。
船のデザインは当時パリの経済を担ってた、水上通商組合のシンボルマークでした。
子供が持ち物に名前を書くように、パリ市もあらゆる自分の所有物にマークを付けているんです。

東京都もそうでしたってけか?