11月の第3木曜日がボジョレーヌーボーの解禁日。
時差のお蔭で世界で一番最初に飲める国が我がニッポン。
今年も日本でボジョレーヌーボ風呂はあったんでしょうか?フランスのテレヴィで、仰天ニュースとして報道されましたが。

此処何年か地元フランスでは、ちょろりと ”今日です。”て言うぐらいで、話題性ゼロ。
ワイン屋すら、しょぼいポスターぺらりと一枚張ってるぐらい。
以前は、ボジョレーヌーボ解禁日とくりゃ、楽団は出るわ、風船やら垂れ幕やら、道に樽出したりで、ただパン買いに出てきただけなのに、あら、んだば一杯飲んで行こうかしら。って雰囲気が街中に溢れてて、お祭りだったんですがね。
景気が悪くなってからかしら、すっかり無視されちゃったのは。

本来ボジョレーヌーボーってそんな美味しいワインではないと思うんです。
そのくせ高い。1本、8€や10€なんて値段で、すいぶん頭にのってるワインなんです。
もうフランスじゃ売れないから、ボジョレーの生産者の頼みの綱は、日本しかありません。
お風呂に使用しようが、トイレに流そうが、どうぞご自由に、一杯買って下さればそれだけでようござんす。なんです。
この時期はフランスから日本へのカーゴ飛行機もボジョレーヌーボーだけで一杯で、他の物の輸送がストップしたぐらいだったけど、今はどうなんでしょうかね。

やっと見つけたポスターなのに、やる気無しポスター。

 

 

 

 

 

 

これも、やっと見つけたポスターなのに、洒落気もへったくれも無いポスター。