毎年9月の第3週の週末はフランス遺産の建物などを一般公開します。

大統領官邸や上院、国会議事堂、テレヴィ局など普段公開されていない所を見学できるのですが、それはそれはもっのすっごい行列。
慣れた人は折りたたみ椅子にクロスワールドクイズ(フランス人にとって時間潰しには必需品)を用意してゆったり待ってます。
が日本人のあたしはパス。もっと地味で人知れずの所が好き。

今年の発見はパリ北部にいくつかある上水道のマンホール。
といっても16世紀頃にできた石でできた小屋。それはそれは歴史の香りぷんぷん。
いつも思うけど、ガイドの話を聞きながら見学していると、まぁよくフランス人は口を挟むこと、それだけ我が国の歴史を知ってるんだな。
9月10月はフランスは無料で文化的イヴェントがわんさか。旅行にプログラミングしてみては。
フランスの庶民と一緒に楽しみましょう。