フランス語ではパック,英語ではイースター、日本語では復活祭。そうです、あのキリストさんが死から蘇ったのです。まさに神業。
ですから彼の信者達はハレルヤーーーー!と盛大なお祭りをします。 以前お話した、灰の水曜日から禁断していた敬虔なる信者達は、たがが外れた様に食べ捲くります。禁断しなかった人たちも,ご馳走を食べ、チョコレート三昧の至福の時です。

ですから、この時期はウサギや魚や卵、鐘の形をしたチョコレートがスーパーの一等地の場所を陣取り、パン屋、お菓子やのウインドウを埋め尽くします。これは本当に可愛い、日本に是非持って帰りたい。
最近のご馳走は,フォアグラにスモークサーモンに,とノエルと同じような内容。これはなんだか納得いかないなあ。
この季節、人間もキリストさんに倣って誕生するようで、お店は赤ちゃん用品で大々的に勝負に出ます。春ももう直ぐ、人々もだんだん機嫌が良くなってきます。